明日より明後日

毎日が日曜日です

デスクワーク

数日前から右肩が痛い。

寝違えたのか、デスクワークやPCのやりすぎか、変化球の投げすぎか…
はたまた年齢のせいなのか。
ちなみに四十肩は40歳以下じゃないとなれません。

40歳以上の人がなるのは五十肩。
つまり、「若いのに○歳みたいな肩」って症状。
だから年齢による症状だって言われたら仕方ない。

しばらくはストレッチでごまかすが、本格的に痛くなったら病院行かねばならんかなぁ。
しかし症状が右肩だけってのがなんとも。
「右肩上がり」に行きたいんだけどね。

HIV感染事態は悪い事ではありません。
病気ですから、誰だって感染する可能性があります。
しかし、件の彼はその後の危険性を考慮しなかったのでしょうか。

少なくとも自分は「もしかしたらHIV感染したかも」という自覚があったはずです。
だとしたら、献血した血液が輸血や血液溶剤に用いられる事に考えが及ばなかったのでしょうか。

インフルエンザの感染等とは訳が違います(そっちもダメだけどさ)。現在の医学では発症を遅らせる事は出来ても、完全に根治は出来ない「不治の病」です。
事の重大さを知らなかったとは言えないでしょう。

今後、二度と同様の事が起こらない事を願うと共に、検査体制の徹底と感染されてしまった方の適切な処置を望みます。

結びに。
献血は善意です。
血液を必要としている方々に安全な血液供給が出来るよう、制度を悪用するのは止めましょう。

そして、献血が出来る健康な方は、是非とも献血に協力しましょう。

金, 3月 14 2014 » 未分類

Login