明日より明後日

毎日が日曜日です

くるまざき

渋滞と人混みが嫌いなので、初詣は時期が過ぎた平日に行くことにしている。

歩いて行ける、氏神さんと地元のお寺には既に出かけた。
元旦の初詣は、明治以降に電鉄会社が増収の一環として開発したもので、伝統行事ではない。
そういう理由もあって、三が日にこだわっていないのである。

ということで、きょう(14日)に行くことにしていた。

京都の車折(くるまざき)神社だ。

牛車の車輪がこの神社の闇金相談 兵庫前で折れたことから、その名が付いたと伝えられている。
ご祭神は、清原頼業公で平安時代の儒学者である。
ということは、人間が祀られているわけだが、古くから神域として崇められてた場所であるようだ。
この神社の境内には芸能神社があり、芸能・芸術分野で活躍する人たちの強い信仰があり、名前を記した玉垣が奉納されている。
毎回、この境内には強い霊気を感じる。
芸能・芸術でさらに向上したい人は参拝をおすすめしたい。

この神社から嵐山はスグである。

昨年の大洪水で秋の観光に差し支えるかとも言われたが、関係者の努力で、早く復旧して、今日見たところでは、何も知らなければ、ここに洪水があったことは気が付かないと思った。
桜の季節、紅葉の季節には、多くの観光客でごった返すが、初詣の時期も過ぎているので、歩きにくいほどの混雑はなかった。

日, 7月 20 2014 » 未分類