明日より明後日

毎日が日曜日です

解任というケースは

金正日の時代には考えられなかったんじゃないですかね。
逆鱗に触れれば粛清されるかもしれんのに、

若造、側近たちになめられとるんと違いますか? 粛清されないまでも、解任というケースは有ったらしいです。
金正恩の時代になってから、人事がコロコロ変わるのはこういうことだったのかも・・・? ヤミ金相談所上に書いた肩書きがコロコロ変わるのも、側近からなめられまくりながらも、なんとか言うことを聞かせたいという、お坊ちゃまの苦肉の策なんでは、と思ってしまいますな。
最近、打ち上げ花火が上がりまくるのも、金正恩の意向はお構いなしに、軍部が勝手なことやってるのかもしれん、という気もしますな。
まあ、サーチナの記事にあるように、「暴走」とまで言えるかどうかは疑問ではあるけれど・・・ いずれにしても、面前で公然と異を唱える幹部が出てきてるというのは尋常ではないですな。 朝鮮民族を象徴する「面従腹背」という言葉を思い出しました。 若造に北朝鮮を引っ張っていくカリスマ性は、やっぱり無かったということなんでは・・・

木, 8月 7 2014 » 未分類