明日より明後日

毎日が日曜日です

シー ズン

一応、先発がリードして5回を投げ切った後に登板するリリーフと同点もしくはビハインドで投げるリリーフ陣に分けられるが、

今年は先発陣がシー ズンの早い時期に瓦解しかけたので、今年もリリーフ陣の負担は例年以上に重かったと思う。そのため、勝ちパターンすっぴん風メイク ファンデーション限定投手も試合展開上投げざるを得ない場 合もありシーズン最終盤はどの投手もかなり疲弊してたと思う。  
この回は書く内容が多すぎるので絞って行きたいと思う。最初は高橋。彼がクローザーに君臨しなければ今季ダントツの最下位もあり得たので、先発 陣の岸と同じレベルの貢献をしてくれたと思う。左の変則派ながら三振が取れるタイプで、やや制球力が甘いとはいえ、被ホームラン数の少なさから見ても非常 に打ちにくい投手みたいだ。
反面フォアボールでの出塁を許すのと落ちる球がないので粘られて球数が増えるという欠点はある。技術的にはスライダーが去年よ り制球できるようになったらしいので安定感が増したという事らしい。

火, 11月 11 2014 » 未分類