明日より明後日

毎日が日曜日です

日本軍に変えられます。

然し多くの死傷者が出ている中で、政治家が後者の判断をして政治生命が持つのか、というと甚だ疑問ではあります。

日本は米国の戦争につきあって世界各地に行くしかなくなる。恐らく現在の集団的自衛権行使の最大のポイントはここにあります。仰る懸念を如何にして払拭するか、が今回議論されているところではないでしょうか。>現在の自衛隊法には関係なく、すぐにでも自衛隊は日本軍に変えられます。
私の言葉足らずでしたが、戦時のみならず平時においても軍隊であることとそうでないこと、の差は相当に大きいと私は考えております。安倍首相の記者会見を聴いてると、集団的自衛権の変更というよりも自衛隊法の改正のことを言ってるのがわかる。どうも
恐らくお二方とは私は抜本的に考え方が異なっているものと思います。私は戦争にはもちろん反対ですが、然し「平和」とは軍事的パワーバランスの均衡によって実現されるものだと考えています。少なくとも人類の歴史を紐解けば、その結論しか導き得ません。

木, 11月 13 2014 » 未分類