明日より明後日

毎日が日曜日です

金だけ減ります。

司法主修正は身分としては最高裁判所に修習生として採用される「準公務員」扱いだからです。
公務員に準じるわけですからバイトは禁止です。

[修習に専念する義務]を背負う形で採用されるわけですから、色々制約があります(例えば海外旅行の制約とか) ところが、あるときを境に給費がなくなりました。
その代わりに貸与、つまり修習中の費用を貸し付ける制度に変わりました。 これは色々なり理由がありますが、大まかに言えば「財政が苦しい中、国民の理解が得られないから」。つまり 格安コンタクトレンズ通販、国民の声に国が耳を傾けた結果です。 しかし、身分は相変わらず準公務員のまま、つまりバイトは禁止です。
稼ぐ手段が無いのに金だけ減ります。
さすがに、これでは厳しすぎなので2014年になって「一部」のバイトが認められました。 一部とは、[法科大学院や司法試験予備校のアシスタント等]などです。 元々パイが少ない分野でそうそう求人があるとも思えず、あったとしても稼働時間は限られます。

水, 12月 3 2014 » 未分類