明日より明後日

毎日が日曜日です

無菌

下腹の痛みがみられる代表的な病には、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、尿管や膀胱などの尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、卵管の疾患など、色々な部位の病気がみられます。
スギの木の花粉が飛ぶ時節に、子どもが体温は平熱なのにしょっちゅうくしゃみをしたり水のような鼻みずが止んでくれない具合なら、もしかすると『スギ花粉症』の恐れがあるでしょう。
ストレスがかかり、蓄積してしまう経緯や、便利なストレス対処策など、ストレスにまつわる正しい知識を保持している人は、そんなに多くはありません。
ご高齢の方や慢性的な病を患っている人などは、特に肺炎に弱く治るのが遅い傾向が見られるので、予防策の徹底やスピーディな治療が大切なのです。
一度永久歯の表面を保護している骨を減らすほど放置してしまった歯周病は、悲しいかな症状そのものが落ち着いたとしても、無くなった骨が元通りになるようなことはないに等しいと言われています。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは目覚めている覚醒状態で生命を維持していく(心臓、口や鼻からの呼吸、腎臓の活動、体温や筋肉の緊張の保持等)のに要る基本的なエネルギー消費量のことを言います。
「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、体内の脂肪の蓄積しているパーセンテージのことを言い、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(キログラム)÷体重(body weight)×100」という計算式で求めることができます。
自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を保持しない人でも使える医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスに従って動くことで、心臓が細かく震える心室細動の応急処置の効き目をいかんなく発揮します。
内臓脂肪タイプの肥満と診断されて、脂質過多、塩分摂取などが関係している「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2項目以上に合致するような事例を、メタボリックシンドローム、略してメタボと呼んでいます。
不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康体にも症状が起こることがあるためさほど逼迫したトラブルではないといわれていますが、短期間で発作が立て続けに起こる時は危ないのですぐ病院へ行きましょう。
グラスファイバーで作製されるギプスは、非常に丈夫で軽量で着け心地が良い上に耐久性があって、水に濡れても使い続けられるという利点があり、今の日本のギプスの第一選択肢だと言えるでしょう。
もしも血液検査で実際に卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回っていて早発閉経(そうはつへいけい)だと判明した場合は、足りていない女性ホルモンを補充してあげる医術などで緩和が期待できます。
植物に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつであるイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓に存在する解毒酵素のスムーズな生成活動を助けているのではないかという新たな真実が見えてきました。
緊張型頭痛というものは肩凝りや首の凝りによる最も多いタイプの慢性頭痛で、「ギューっと締め付けられるような頭痛」「重くてたまらないような痛さ」と言われることが多いようです。
最も大きな臓器である肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝(fatty liver)は、肝硬変や脳梗塞といったいろいろな病気の原因となる可能性があります。

火, 3月 21 2017 » 未分類