明日より明後日

毎日が日曜日です

ゆっくり

緊張型頭痛というものは仕事や勉強などでの肩こり、首こり、張りが原因の患者数が多い慢性頭痛で、「締め付けられる頭痛」「重苦しい耐え難い痛みと表現されています。
学校など団体生活をする中で、花粉症が原因でクラスの友達と一緒に思いっ切り走り回ることができないのは、当事者にとっても寂しいことです。
高齢化が原因の耳の聞こえにくさにおいてはゆっくりと聴力が低くなりますが、多くの人は60歳を超えてからでないと耳の悪さをなかなか認識できません。
グラスファイバーで作製されるギプスは、大変丈夫で重くなくて長く使うことができ、水に濡れても壊れずに使用できるという利点があるため、今のギプスの中でも主流と言われています。
「肝機能の低下」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)など3つの値で確認できますが、最近では肝機能が悪化している日本人が徐々に増えているということが注目されています。
男性だけにある前立腺という臓器はその活動や成長に雄性ホルモン(男性ホルモン)がとても大きく関係しており、前立腺に現れた癌も同じように、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)に影響されて肥大化してしまいます。
比較的若い世代で結核(けっかく)に対抗するだけの免疫力、すなわち抵抗力を保持していない人々が増加したことや、自己判断のせいで受診が遅れることが原因の集団・院内感染の発生頻度が高くなっています。
ビタミン欠乏症である脚気の症状は、手や脚がしびれるような感覚があったり下肢の著しい浮腫みなどが中心で、症状が進行してしまうと、最も深刻なケースでは心不全などを連れてくることがあるようです。
平成17年以後新たにトクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起のコピーの明示が食品メーカーの義務となった。
アメリカやヨーロッパ各国においては、新しく開発された薬の特許が切れてから約4週間後には、製薬市場の約80%がジェネリックに変更されるというクスリもある位、ジェネリック医薬品(Generic drug)は地球上に親しまれています。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、体内の脂肪の付いている割合のことで、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(body weight)×100」というシンプルな計算式で確認できます。
脳内にあるセロトニン神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みのブロック、あらゆる覚醒などを操っていて、うつ病(単極性気分障害)の患者では作用が弱くなっていることが科学的に証明されている。
ピリドキサールは、アミノ酸(Amino acid)をTCA回路(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー源を燃やすために必要となる重要な回路に入れるためにもっと細分化するのをサポートする動きもあるのです。
もしも血液検査で恐れていた通り卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が少なくて早発閉経(そうはつへいけい)だと判明した場合、少ない女性ホルモンを補う処置などで治すことができます。
外から観察しただけでは骨が折れているのかどうか分からない場合は、ケガをしてしまった所の骨を優しく指で押してみてください。もしそこに強い痛みが響けば骨が折れているかもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。

木, 4月 13 2017 » 未分類