明日より明後日

毎日が日曜日です

細胞

ビタミンB6には、色々なアミノ酸をトリカルボン酸回路と呼ばれるエネルギー代謝のために必要となる回路に導入するためにそれ以上に分解することを促すという動きもあるのです。
自転車事故や屋根からの転落など、とても大きな圧力が身体にかかった場合は、複数の箇所に骨折がみられたり、開放骨折になってしまったり、ひいては臓器が破損することもあり得ます。
エネルギーとしてすぐに使われる糖分、細胞の生まれ変わりに必要な蛋白質など、過度の痩身ではこういった活動を維持するために外せない栄養素までもを減らしてしまっている。
明るくない場所では光不足により見えづらくなりますが、更に瞳孔が開くため、目の水晶体のピントを合わせるのに多くの力が使用され、明るい場所でものを見るより疲れやすいです。
杉花粉が飛ぶ期間に、幼いお子さんが体温は普通なのにしょっちゅうクシャミしたりずっと鼻水が止まない時は、残念ながら杉花粉症の可能性があります。
「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、人の身体の中の脂肪が占める比重で、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(weight、キログラム )×100」という数式によって把握できます。
めまいは出ないのに、長時間続く耳鳴りと難聴の症状のみを数回発症するケースのことを区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエール(メヌエル)病」という病名で呼ぶ事例が多いようです。
インキンタムシ(陰金田虫)は20代〜30代の男の人多く見られる傾向があり、基本的には股間の辺りだけに広がり、全身運動をしたり、お風呂から上がった後など身体が熱くなった時に強烈な痒みを引き起こします。
アミノ酸であるグルタチオンには、細胞の機能を低減したり変異を招く悪影響を及ぼす有害物質を体内で無毒化し、肝臓の性能を促すような役目が確認されています。
ものを食べるという行為は、食物をなんとなく口へ運んで数回咀嚼して飲み下して終わりだが、それから体はまことにまめに活動し食物を人体に取り込むよう励んでいる。
30才から39才までの間に更年期になったとしたら、医学用語で表現すると「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という女性疾患を指します(我が国の場合40才以下の女の人が閉経することを「早発閉経(そうはつへいけい)」と定義しています)。
虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の直径が狭くなってしまって、血液の流れが止まって、酸素や様々な栄養を心筋まで配達できず、筋細胞自体が壊滅状態になる大変怖い病気です。
黴菌やウィルスなどの病気を齎す微生物(病原体)が口から肺の中に侵入し感染した結果、肺全体が炎症反応を起こしている状況を「肺炎」と称しているのです。
気分障害のうつ病は副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足した結果、不眠、憂うつ感、なかなか抜けない疲労感、食欲低下、体重の減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、希死念慮、自殺企図等の深刻な症状が2週間以上続くのです。
内臓脂肪タイプの肥満が確認された上で、脂質過多、塩分の摂取などによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2〜3項目に該当するような健康状態を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼んでいるのです。

月, 5月 1 2017 » 未分類