明日より明後日

毎日が日曜日です

大人

食事という行動は、食べたい物を気軽に口に入れたら幾度か噛んで後は飲み下すだけだが、その後も身体はまことにまめに動き食物を身体に取り込む努力をしているのだ。
高齢の人や病気を患っている方などは、一際肺炎を発病しやすく治るのに時間がかかる傾向にあるので、常日頃の予防や早めの受診が大事です。
子供の耳管の作りは、大人の耳管に比べると幅が広くて短めの形で、尚且つほぼ水平になっているため、細菌が入り込みやすくなっているのです。幼い子どもが急性中耳炎に罹りやすいのは、この構造が関わっています。
PCの細かなちらつきを低減する効果のあるレンズの付いた眼鏡が特に人気を集める理由は、疲れ目の対策法に大勢の人が興味を持っているからではないでしょうか。
我が国における結核への対策は、1951年制定の「結核予防法」に沿っておこなわれてきましたが、56年後の2007年から結核以外の感染症と同じく「感染症法」という名の法律に基づいて実行される運びとなったのです。
「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが多く付着した脂肪肝という病気は、肝硬変や脳梗塞を代表とする多種多様な疾患の誘因となる可能性が高いと考えられています。
ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が失効した後に発売され、新薬とまったく同一の成分で経済的負担が小さくて済む(薬の代金が高くない)後発医薬品のことを指します。
エイズウイルス(HIV)を含んでいる精液、血液を始め、母乳、腟分泌液等の様々な体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜部分等に触れれば、感染の危険性が高くなってくるのです。
心筋梗塞は心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管の中が狭くなってしまって、血液の流れが停止し、大切な酸素や栄養を心筋に届けられず、ほとんどの筋繊維が壊死するという大変怖い病気です。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという特徴があるので大気中のオゾン層を通る際に一部が吸収されるものの、地上まで届いたUV-B波は皮ふの表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を壊してしまうなど、皮ふに悪い影響を与えることが明らかになっています。
高血圧(hypertension)の状態になってしまうと、全身の血管に重い負担がかかった結果、頭頂からつま先に至るまでありとあらゆる場所の血管に障害がもたらされて、合併症を招いてしまう可能性が拡大するのです。
「体脂肪率(body fat percentage)」とは、人の体の中の脂肪が占めているパーセンテージのことであり、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪量(キログラム)÷体重(キログラム)×100」という数式で求めることができます。
緊張型頭痛というのは肩こりや首凝り、張りが誘因の最も一般的な頭痛で、「締め付けられる頭痛」「頭が重苦しいような耐え難い痛みと表現されています。
酒類に含まれるアルコールを分解する力のあるナイアシンは、不快な宿酔に有効な成分です。苦しい二日酔いの誘因物質とされている酢酸アルデヒドという物質の無毒化に力を発揮しています。
胸痛を主訴とする狭心症の外科手術としては大体「大動脈バルーンパンピング(IABP)」と「冠動脈大動脈バイパス手術」という二つの異なる術式が活発に扱われています。

火, 5月 9 2017 » 未分類